jQuery.noConflict();
ハセガワ 1/48 JT34 F6F-3 ヘルキャット "USS ESSEX" プラモデル安売り通販
おちゃのこネット登録
ホーム | ハセガワ > 航空機(JT帯)ハセガワ 1/48 JT34 F6F-3 ヘルキャット "USS ESSEX"
商品詳細

ハセガワ 1/48 JT34 F6F-3 ヘルキャット "USS ESSEX"

販売価格: 2,246円 (税込)
[在庫なし]
希望小売価格: 2,730円
F6Fヘルキャットは艦上戦闘機の名門グラマン社が、F4Fワイルドキャットの後継機として送り出した戦闘機でF4Uコルセアと並ぶ第2次世界大戦後半のアメリカ海軍の主力機です。

1941年6月30日、XF6F-1の試作命令がだされ、1942年6月XF6F-3が初飛行しました。しかしこの機体は馬力が不足気味で性能的に満足できるものではなかったので、ただちにエンジンを強力なP&WR-2800ダブルワスプに換装しました。量産機の引き渡しは1942年11月から開始され、1943年1月には早くも最初のF6F部隊VF-9が編成され、零戦打倒のトップバッターとして空母エセックス上で訓練が開始されました。

F6F-3は1943年までに2,545機引き渡され、252機は貸与協定に基づいて英国に貸与され、1943年7月から英国艦隊機動部隊に配属され、12月には実戦に参加し、その一部はインド洋方面で対日作戦に従事しました。F6F-5はF6F-3後期生産型と同じR-2800-10Wエンジンを搭載していますが、エンジンカウリング、風防、エルロン、尾部のまわりなどが若干再設計された生産型です。また、可動風防後ろの後方視界用の窓もなくなりました。そのほか防弾装備が強化されています。

F6Fはエンジンの出力の割に機体が大きく、重量も重く、性能的には決して傑作機ではありませんでしたが、頑丈で可動性が良く、また防弾装備がすぐれていて、被弾によく耐え損耗率がすくなかったことと、総生産数12,272機という量の多さと、さらに日本が零戦後継機の開発に手間どったことが幸いして、実力以上に華々しい戦歴を残しました。

《データ》
乗員:1名、全幅:13.06m、全長:10.23m、全高:3.52m(3点姿勢)、エンジン:P&WR-2800-10、離昇出力:2,000馬力、航続距離:1,754km、最大速度:603km/h(高度5,280m)、固定武装:M2 12.7mm機銃×6

ハセガワ 1/48 JT34 F6F-3 ヘルキャット "USS ESSEX"

販売価格: 2,246円 (税込)
[在庫なし]
希望小売価格: 2,730円

レビュー
0件のレビュー